芸能情報

テレビはオワコン!?

ハロー!ほっしーです!!

今日はテレビはオワコン!?

という話題についてです!

実は結構前から言われていたことなのですが

(YouTubeが出始めたくらい)、テレビを見る層が少なくなって、テレビがオワコンになるんじゃないか?という説ですね。

これは、ほっしー的には半分Yesで、半分Noですかね。

そもそもテレビ番組って、なんで出来たか知ってますか?

昔は新聞や映画しかなくて、娯楽が少なかった。

そこに動画を撮れる機械がやってきた!

政府や新聞社は、活字だけではなく、視聴者に情報を流したり、物を買ってもらう為に動画で伝える術を思いついたんです。

例えばテレビ番組のスポンサーはまさにそれですよね?

番組制作のお金を出して、広告を番組の間に打ってもらう。

それを見た視聴者は、なんとなくその商品の名前を覚えたり、その商品を知ることになる。

店頭に同じような商品が並んでいたら、人間は見たことあるものに安心感を覚える為に、CMで見た商品を購入する。

このサイクルを作り出したのが、テレビです。

だから「視聴率」が非常に大事になってきます!

そして、タレントには『好感度』が求められます。

そりゃそうですよね?

企業としては商品が売れなければ意味がない。

テレビに宣伝広告費をかけてる意味がないんです。

なので、若者のテレビ離れが進み、YouTubeなどが力をつけてくると、テレビの力が弱くなります。

だって、テレビを見なくなるんですから!

YouTube広告に広告を打った方が効果が出るからです!!

とはいえ!!!!

ほっしーが半分Noと言ったのには理由があります。

それは日本の人口です。

今の日本の高齢者の割合は、4人に1人なんです!!

つまり、4人に1人の高齢者はテレビを見ています。

そして、やはりお金を持っているのも高齢者です。

なので、未だにテレビ広告を打つのにはメリットがあるんです!!

例えば健康食品や、病院、墓地なんかは絶対にテレビ広告を打った方がいいですよね?

そうなんです。そこのニーズがある限り、テレビはなくならないんです。

最近テレビを見ると旅番組や、食レポが多くないですか?

あれは、高齢者の方が興味があるジャンルだからなんです。

ターゲットが完全に高齢者なんです。

広告費で回っている以上仕方のないことなのですが、

ターゲットに合わせた番組作りをしているということです。

なので、若者は見ていても面白くないですよね?

余計テレビから離れていくんです。

こんなサイクルで回っているのがテレビです!

だから、しばらくはテレビはなくならないでしょうね。

ただ、高齢者がどんどん死んでしまっては、テレビもどんどん縮小していくしかないので、

生き残るには、どこかで方針転換するか、規模を縮小して細々とやるか、どうにかするしかないですよね。

これからのテレビ業界に注目ですね!!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です