芸能情報

認知と人気

どうも!ほっしーです!!

今日は結構重要なお話をします!!

認知と人気についてです。

具体的に言うと、それって何?って思いますよね。

認知=知られてる数

人気=ファンの数

です。

結構イベントや、演劇を行うとわかるのが、

『ファンの数』

です。

しかし、それは必ずしも有名なタレントが数多くファンを抱えているか?というと、そうでもありません。

結構テレビで有名な俳優、例えばSNSで有名で、フォロワーが何万人もいる俳優が演劇に出演したときの券売数が20〜30枚なんてことはザラにあります。

テレビに出て認知は上がっても、その人を応援しよう!っていう人は少ないってことですよね。

皆さんも考えてみてください。

テレビで有名な格好良い俳優がいたとします。『格好良い〜』とは思っても、その人が舞台に出演する時にチケットを買おうと思いますか?あまり思わないですよね。むしろ舞台に出るのなんて知らないかもしれませんよね。もっと言うと、SNSをフォローすらしてないかもしれませんよね?もしくは、ただその人の格好良い顔を見たくてフォローしてることもありますよね。

みんなそうなんです。

なのでキャスティング会社は、SNSのフォロワー数で判断してはいけないということです。あてになりません。

逆に言うと、俳優側はフォロワー数をアピールポイントにしてはいけないということです。

広告案件だったら、宣伝になるのでフォロワーは重要かもしれませんが、実際に足を運んでもらったり、チケットを買ったりしてもらわなければいけないものに関しては、そこは関係がないということです。

ただ、近年ではSNSは当然にみんなやっていますし、逆にやっていない人の応援の仕方、情報の取り入れ方がわからなかったりするので、SNSに力を入れることは重要だと思います。

その際のマーケティングとしては、その人の歌を聴いてみたい!とか、実際に会ってみたい!とか、お芝居が見てみたい!おいうような、ファンになりそうなコンテンツをあげていくことが重要だと思います。

これは同じ作品なのに、映画化と、舞台化ではキャスティングが違うということにも通じています。

皆さん不思議に思ったことありませんか?

同じるろうに剣心やるなら、同じ俳優が映画も舞台もやればいいじゃんって思ったことありません?

それはこういう問題があるからなんです。

もっと深いところで言うと、お芝居の質や方法も違かったりするので、という理由もあるのですが、それはまた今度にしますね!

今回も読んでくれてありがとうございます!!

また面白いことを発信していきますね〜!!!

では!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です