芸能情報

芸能事務所の給料体系

ハロー!ほっしーです!!

さて、本日のテーマは

『給料』

です。

芸能人ってお金をたくさんもらって、良い生活をして、派手に使っているイメージありますよね?

では、実際にはどんな給料体系なのか?をお話ししていきたいと思います!!

まず芸能人の給料体系は大きく分けて二つあります。

①歩合制

②月給制

ここら辺は結構有名な話なので、知っている方も多いかもしれませんね。

①歩合制→基本給などはなく、やったお仕事に対しての対価がもらえる。仕事がない場合は、給料もない。

②給料制→仕事があろうが無かろうが、お金がもらえる。

基本的にどの事務所も①歩合制がダントツ多いですね。やっぱり芸能界はとっても不安定ですし、事務所としても売れるかどうかわからないタレントを給料制にするのはリスクありますよね。なので、基本はこちらですね。

ただ、かなり大御所で安定的に仕事がある人だったり、給料制の方が事務所に利益があるなと思ったら、こちらを提案してくる事務所も多いみたいです。

どちらがタレントにとってメリットがあるんですかね。

結論を言うと、これは状況によりけりだと思います。

そして、事務所とのトラブルに多いのがこの給料問題なので、ちゃんと考えないと、後でいざこざになりやすいので、注意がt必要です。

まず①の歩合制。多くの事務所がこちらと言いましたが、どんなメリットが考えられるでしょう。

ちなみに、大体契約時に事務所側が提案してくる割合は

事務所:あなた=5:5、事務所:あなた=4:6

が多いです。これには『マネジメント料』と称し、主にギャラ交渉、スケジュール調整、営業料などが含まれます。

これを多いと取るか、少ないと取るかはあなた次第ですね。

そして、次に②の給料制。特に今のコロナ禍のような時期はいいですよね。仕事がない時も給料が保証されているわけですから。でも、逆を言うと、それ以上はいくら頑張ってももらえないということです。

例えば、あなたがかなりの売れっ子になったらどうですか?レギュラーのドラマや、映画に出演、TVCMも何本も出て、事務所の稼ぎ頭になったとします。

月々30万円くらいの給料で我慢できますか?恐らくその頃には、ドラマ1本の出演料で何百万、CM出演料で何千万と、制作会社から事務所に払われているはずです。

しかも売れっ子なので、ろくに休みもなく働き続けます。

普通の精神なら、もう少しギャラ上げてくださいよ。となりますよね。

そこで事務所に交渉します。

そうするとこう言われるわけです。

『お前が売れるまでにいくらかかっていると思っているんだ。その要求は受け入れられない』

そしたらあなたは

「じゃあ他の事務所に移籍します。辞めさせてください」

すると

『契約書に、うちの事務所を辞めたら3年活動できなくなると記載がある。お前は契約の時に既にサインしているぞ。それでもいいなら辞めろ』

(ガーン!!!!!!今売れっ子なのに!3年も仕事ができなかったら、仕事がなくなってしまう!!!!)

「じ、じゃあ残ります」

はいー!!!基本的に大体こんな感じで事務所間で問題になって、裁判になるんですね。

ちなみに、この契約書に記載してあるという、事務所を辞めたり、移籍したりしたときの活動禁止期間を設ける事項ですが、

今は

【違法】

なので、こんな契約書を書かせてくる事務所があったら要注意です!!!!

レイ法律事務所よりhttps://rei-law.com/geinou-qa

それでも、『今までお世話になったから』『恩返しのつもりで』とか思うなら、そのままでも結構ですし、事務所と金銭面での交渉をしてみるのもいいでしょうね。

最初にも述べましたが、やはり、現在の状況と、柔軟な契約変更などを視野に色々試行錯誤して、検討していくしかないでしょうね。

それではまた!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

認知と人気

4月 26, 2021